住宅ローン、ハウスメーカー、間取りの決め方などを紹介
現在の場所:住宅購入のノウハウTOP注文住宅関係の知識>キッチンを知ろう
 

キッチンを知ろう

■キッチンを知ろう

 キッチンは家の中心的存在といっても過言ではなく、キッチンが家でもっとも重要なパーツなのかもしれません。なにせ、衣食住のうち、もっとも重要な食をつかさどるところなので、使っても楽しくないキッチンはその家も楽しくならないと私は思うからです。

なので、キッチンは非常に重要ですので、まずキッチンに関する基礎的な知識を身につけましょう。

■キッチンの種類(レイアウトの種類)

 キッチンレイアウトの種類には、T型キッチン、U型キッチン、L型キッチン、U型キッチン、アイランド型キッチン、があります。
 最近では、T型キッチンでも対面式のオープンキッチンが主流になってきていますが、どれがいいとかではなく、どのタイプにもいろいろな特色がありますので、自分にあったキッチンを探すことから始まります。

キッチンのタイプ

オープンタイプ
最近主流になってきたタイプ、LDに向いており、対話型のキッチンといえる。その反面、流しが丸見えになるので、片づけが重要、IHでないと部屋が油っぽくなるという欠点もある。
IHが増えたことにより、オープンタイプが増えたという要因も大きいですね。

セミオープンタイプ
オープンタイプの欠点であったコンロ周りに壁を儲け、排煙機能性を高めたバージョン、カウンター形式になっている。
オープンタイプよりも、対話性が少ないもののLDを見渡せる。クローズとオープンの中間に位置する。
しかし、窓にあたるカウンター部分ではダイニングとの対話性が低いという声もある。

クローズドタイプ
いかにも厨房という感じになる、キッチンが独立しており、見られたくないという場合に良い。
レイアウトが自由になる反面、ダイニングまでの移動距離も増えるのが難点だが、本格的に料理をしている場合には実は一番良かったりもする。


T型キッチン
 T型キッチンとは、シンク、加熱調理機器、調理台、冷蔵庫、キャビネット類などを一直線に配置するレイアウトのこと。
 特徴としては、コンパクトであり狭い独立型キッチンやオープン、セミオープンのダイニングキッチンに適しているため、最近では人気が高い。しかし、作業動線が長くなり使いにくくなることもあるためシンクの位置を考慮する必要がある。

U型キッチン
U型キッチンとはシンク、加熱調理機器、調理台、冷蔵庫、キャビネット類を向かい合わせに対列させたレイアウトのことで比較的狭い独立型キッチンに適しているが、最近はあまり見かけなくなった。作業動線が短く、動作効率がよいといわれている。

L型キッチン
 L型キッチンとは、シンク、加熱調理機器、調理台、冷蔵庫、キャビネット類をL字型に配列するレイアウトのこと。車椅子利用者にも、移動の面で適した配置で、6〜8畳程度のダイニングキッチンに適応する。配膳などを含めた作業の動線が短く合理的にまとまるため、キッチン空間全体の作業性が高いものになる。

U型キッチン
U型キッチンとは、シンク、加熱調理機器、調理台、冷蔵庫、キャビネット類をU字型に配列するレイアウトのこと。収納性や作業動線からも効率的で、独立型キッチンに限らず、オープンな空間やダイニングとの境界をある程度明確にもうけたい場合に適する。

アイランド型キッチン
アイランド型キッチンとは、壁から離れたアイランド(島)部に、シンク、加熱調理機器、調理台などを独立させて配置したレイアウトのこと。広いオープンな空間が必要であるが、ホームパーティや調理教室などにも使いやすいが、本当のところは結構一般住宅では使い勝手は悪い。

スポンサードリンク
住宅の選び方
住宅展示場の歩き方
住宅建設の流れ
得をする住宅購入のコツ
納得住宅ローン
住宅関係の知識
住宅購入のQ&A、口コミ情報
 
広告
現在の場所:住宅購入のノウハウTOP注文住宅関係の知識>2×4工法/床、壁、天井、屋根の「面」で躯体で構成
らくらくシーリーズも大好評中
らくらく我は転勤族〜引越し達人情報〜らくらくパーティ〜簡単料理レシピ〜

Copyright 2007 らくらく住宅購入のノウハウ  管理人:たつや All Rights Reserved
当サイト「らくらく住宅購入のノウハウ」はどこでもリンクフリーですし得に連絡もいりません、相互リンクは大歓迎