住宅ローン、ハウスメーカー、間取りの決め方などを紹介
現在の場所:住宅購入のノウハウTOP注文住宅関係の知識>平面図で部屋の配置と、動線、窓の位置、面積が分かる
パート2 間取りの基本と図面の見方

平面図で部屋の配置と、動線、窓の位置、面積が分かる

 平面図とは、いわゆる間取図をちょっとだけ詳細にしたもので、各階ごとに、平面の様子が表現されています。
部屋の配置や広さ、階段や収納、キッチンなどの位置が平面図で把握することが出来ます。
ただし、それぞれの位置はわかるが高さまではわかりません。

 また基本設計段階で出されるものと本設計とは詳細さが異なり、本設計では、柱や筋交いの位置までわかるが、基本設計ではそこまでは書き込まれないことが多いので実際には壁の厚さの分が小さくなるので、注意が必要です。

 まず、平面図をもらったときに確認するポイントとしは、部屋の配置や数、広さが要望どおりかどうかということと、動線はスムーズか、などをチェックしよう

図面を見ながら、実際にそこに居るかのように、暮らしをイメージしてみましょう。

そうすることで、段々と家のイメージが浮かんでくるでしょう。

スポンサードリンク
住宅の選び方
住宅展示場の歩き方
住宅建設の流れ
得をする住宅購入のコツ
納得住宅ローン
住宅関係の知識
住宅購入のQ&A、口コミ情報
 
広告
現在の場所:住宅購入のノウハウTOP注文住宅関係の知識>平面図で部屋の配置と、動線、窓の位置、面積が分かる
らくらくシーリーズも大好評中
らくらく我は転勤族〜引越し達人情報〜らくらくパーティ〜簡単料理レシピ〜

Copyright 2007 らくらく住宅購入のノウハウ  管理人:たつや All Rights Reserved
当サイト「らくらく住宅購入のノウハウ」はどこでもリンクフリーですし得に連絡もいりません、相互リンクは大歓迎