住宅ローン、ハウスメーカー、間取りの決め方などを紹介
現在の場所:住宅購入のノウハウTOP注文住宅関係の知識>2×4工法/床、壁、天井、屋根の「面」で躯体で構成

2×4(ツーバイフォー)工法/床、壁、天井、屋根の「面」で躯体で構成

 2×4工法は、北米から日本に輸入された工法で、日本でも一般的に建てられるようになりました。スェーデンハウスのような輸入住宅の多くもこの工法で建てられています。日本での正式名称は「枠組壁工法」といいます。

 木造軸組が柱や梁などの「軸」で躯体を構成するのに対して、2×4は、断面サイズが2×4インチの製材で枠を組み、それに構造用合板を張ったパネルで壁を構成、さらに床、天井、屋根の「面」全体が躯体を支える働きをします。2×6材もあります。
 部材の種類は少なく、構造は非常にシンプル。
 部材は構造材から釘に至るまでサイズや施工方法が工場の基準によって厳密に規定されているので、出来上がりにバラツキが出にくいのが特徴の一つ。

 また、全体的に軽いといことから耐震性に優れ、工場製作という面から気密・断熱性、耐火性に優れています。

 床・壁・天井の「面」で構成され、がっちりした箱型の構造となる反面非常に軽いということもあり、地震の揺れのような横から加えられる力に強く、加えられた力を躯体全体に分散して、粘り強く耐えることができる。

 また、当然工場製作なので、気密性が高い構造となっており、高気密高断熱住宅のさきがけ的存在で、2×4住宅がリードしてきた。
 最近ではより強度を保つために、壁の枠組み材を2×6インチ材したものもある。そうすることにより、より断熱材を厚くできるので、壁に2×6材を用いるケースも増えていて、2×6工法と呼ばれている。

 また、火に強い石膏ボードを壁下地に張りめぐらすことから耐火性も高いが、最近では外壁はサイディングなので、あまり目立たなくはなってきている。
 
 面で支える工法なので、若干開口部に制限はあるものの、工場製作で枠が位置が既に決まっていることや、そもそも洋風住宅ではほとんど気にする必要がないほどデザインが限定されるので不自由さはないかと思います。

スポンサードリンク
住宅の選び方
住宅展示場の歩き方
住宅建設の流れ
得をする住宅購入のコツ
納得住宅ローン
住宅関係の知識
住宅購入のQ&A、口コミ情報
 
広告
現在の場所:住宅購入のノウハウTOP注文住宅関係の知識>2×4工法/床、壁、天井、屋根の「面」で躯体で構成
らくらくシーリーズも大好評中
らくらく我は転勤族〜引越し達人情報〜らくらくパーティ〜簡単料理レシピ〜

Copyright 2007 らくらく住宅購入のノウハウ  管理人:たつや All Rights Reserved
当サイト「らくらく住宅購入のノウハウ」はどこでもリンクフリーですし得に連絡もいりません、相互リンクは大歓迎