住宅ローン、ハウスメーカー、間取りの決め方などを紹介
現在の場所:住宅購入のノウハウTOP注文住宅関係の知識>工法とは家の構造躯体のつくりかた

工法とは家の構造躯体のつくりかたです

 家づくりの工法とは、家の躯体(骨組み)をつくる方法のことで、家の実際の中身といえます。人間で言えば、骨と筋肉に相当します。
 決して見栄えではありません。

 巷でよくあるような、洋風の家、とか純和風とかいったのがありますが、あれは仕上げが違うだけで中身ではありません。

 まず、工法によって躯体の材料も違えば、躯体を構成し、家の重さを支える仕組みも異なってきます。それぞれ開発コンセプトがあり、それぞれ採用するハウスメーカーさんでもこだわりがあるようです。
 
 下に、一般的な一戸建ての主な工法を挙紹介します。
 家が完成してしまうと、外観からでは、どの工法で建てたのかわかりにくくなりますが、、実はこのようにさまざまな工法でできているのです。
 
 しかも、性能面では、現在はどの工法も研究が進んでおり、従来に比べかなり進歩しており、設計や仕様しだいで、様々なものが造ることが可能となっており、これがあるから駄目というのはなくなってきています。

 ただし、それぞれの工法は独自の特徴を持っており、性能面で得意な分野があったり、設計やリフォームの自由度、工期などにも違いが見られ、どれも一長一短のところがあります。自分の理想とする家を建てるためには、それぞれの工法の特徴をよく知ってから、自分好みの工法を踏まえて、ハウスメーカーを選択するようにしましょう。

 家づくり工法の種類
工 法 工法の概要
木造軸組工法 従来工場といわれている、木造住宅のきわめて一般的な工法。
柱、梁、筋交いという部材で家を構築していきます。
大手メーカーでは一条工務店、住友林業が有名。
軽量鉄骨工法 上記の木の変わりに、軽量鉄骨を使った工法。柱が細くなるので、広い部屋空間を演出します。大手メーカーでは大和ハウスが有名
RC工法 最近ではマンション以外あまり見られなくなったが、コンクリートに鉄筋をいれた構造、学校みたいな施設に見られる工法。高い対火性能を示すが、値段は高い。
2×4工法 2×4でツーバーフォといいます。柱ではなく、壁が1つのパーツになり箱で強度を確保する方法、欧米では多い工法。
大手では、ミサワホーム、セキスイハイムが有名
プレハブ工法 プレハブ工法については派生が多い。
基本は、工場で加工されたパーツを現場で組み立てるだけというきわめて短期間かつ低価格で建築できる強みをもつ。
【木質系】
木質パネルで壁天井床が形成されており、現場で接合するだけの方法

【軽量鉄骨系】
軽量鉄骨で壁、天井、床が形成された箱を現場でボルト接合する工法

【コンクリート系】
コンクリートパネルを順番どおりに組み立てる方法。

【ユニット式】
これぞ、プレハブ工法という感じ、既にほぼできてしまった家を分割して搬入し現地では組み立てるだけで、ほぼ家としての機能を果たすもの。
ログハウス 最近では、お店屋か別荘いがい作る人はいないように思うが丸太をくみ上げて、作る工法。柱は存在しない。

住宅の選び方
住宅展示場の歩き方
住宅建設の流れ
得をする住宅購入のコツ
納得住宅ローン
住宅関係の知識
住宅購入のQ&A、口コミ情報
 
広告
現在の場所:住宅購入のノウハウTOP注文住宅関係の知識>工法とは家の構造躯体のつくりかた
らくらくシーリーズも大好評中
らくらく我は転勤族〜引越し達人情報〜らくらくパーティ〜簡単料理レシピ〜

Copyright 2007 らくらく住宅購入のノウハウ  管理人:たつや All Rights Reserved
当サイト「らくらく住宅購入のノウハウ」はどこでもリンクフリーですし得に連絡もいりません、相互リンクは大歓迎