住宅ローン、ハウスメーカー、間取りの決め方などを紹介 住宅ローンで後悔しないぞ!講座
現在の場所:住宅購入のノウハウTOP納得住宅ローン>住宅ローンの基本のき
住宅ローンなどのお金にまつわる話題やノウハウ、得する技。しっかり学んで、損しない、失敗しないローン選びをしましょう!
株式会社ネクストが運営する新築一戸建てポータルサイト「新築一戸建てHOME'S」で無料資料請求
住宅ローンのノウハウ
変動金利よりも固定金利のほうが有利?
固定金利と利子変動リスクと累計払い込み額の考察
労働金庫の住宅ローン

どこまでの物件が買えるのか
住宅ローンのおさらい
金利が上がったらどうなるの


住宅ローンの基本のき
住宅ローン基本のき
住宅購入の気になる税金と安くなる税金
不動産取得税が軽減措置でゼロになるかも
マイホームの登記での軽減税率の特例
  >>もっと他の記事
知っ得住宅ローンの知識




住宅ローンの動き

クレディセゾンのローンカードは8.0%(実質年利)からとなっており安心。300万円(最大)までご利用枠OK
即日融資の
カードローンが新登場
クレディセゾンのローンカードは8.0%(実質年利)からとなっており安心。300万円(最大)までご利用枠OK

住宅ローンの知っ得情報


多様化、複雑化する住宅ローンについての知識集です。住宅ローンの選び方や税金、それらを取り巻く環境など、時代を先取りするトピックスを取り上げてまいります。
 注目の記事
  住宅購入の気になる税金と安くなる税金
  不動産取得税が軽減措置でゼロになるかも

頭金を増やすべきか減らすべきか

 手元にある自己資金のうち、いくらを住宅購入の頭金に充てればいいのかもっとも悩むところです。

 まず、この場合、2つの考え方があるかと思います。
 ローン返済額を抑えるために、できるだけたくさんの頭金を入れたほうがいいという考え方、つまり自己資金から諸費用分を除いた全額相当を頭金に入れるやり方がひとつ。
 
 2つめは、返済能力の範囲で可能な限りローンを借り、頭金を減らして手持ち資金を少し残しておくという方法。

 どちらが安全かは人によって違いますし、どちらが得なのかも実は明確ではありません。

 ですが、消極法で考えれば、結論が見えてきます。
 収入が安定しない人の場合は前者のほうがベターです。ローン負担を減らしておけば収入の変動に対応できます。また、余裕がある分を毎月貯金して教育費など将来予想される資金を作りながら、必要に応じて繰り上げ返済すれば早めにローンから開放されますし、トータルの払い込みの金額からも開放されます。
 私がこのタイプであったといえます。

 逆に後者は、公務員のように収入が安定している人向き(ただし、最近の公務員でも給料が安定しなくなってきたので、相当厳しいかも)
 手持ち資金を温存するので万一の備えは安全ですが、総返済額は多くなる傾向にあります。

 しかし、このれらの場合でも、もっとも危ないのは返済もギリギリで手持ち資金も残らないタイプ。その場合は購入価格を見直すべき。無理に高い住宅を買って後から泣きを見ないようにしたい。

 私も過去、一条ホームにあこがれていましたが、上物だけで、2400万円。夢は夢でしたね。身分相応の購入価格を把握することが重要です。
 
スポンサードリンク
■住宅ローントピックス

現在の場所:住宅購入のノウハウTOP納得住宅ローン>住宅ローンの基本のき
らくらくシーリーズも大好評中
らくらく我は転勤族〜引越し達人情報〜らくらくパーティ〜簡単料理レシピ〜

Copyright 2007 らくらく住宅購入のノウハウ  管理人:たつや All Rights Reserved
当サイト「らくらく住宅購入のノウハウ」はどこでもリンクフリーですし得に連絡もいりません、相互リンクは大歓迎