住宅ローン、ハウスメーカー、間取りの決め方などを紹介
現在の場所:住宅購入のノウハウTOP納得住宅ローン>どこまでの物件が買えるのか!?
今の家賃が高いと感じたら!?→公共賃貸住宅だから安い、とりあえず無料資料請求をしてみよう

どこまでの物件が買えるのか!?


どこまでの物件が買えるのか!?

住宅ローンは、どこまで借りれるかではなく、どこまで払えるか?というのが実態です。健全な住宅ローンは月の収入のおよそ35%までにするべきです。(オススメは20%以内)

それ以上は非常に危険な状態(銀行は40%といっているが、それでは自転車操業になるのは目に見えている)なので、最高でも35%までとしておきましょう。

しかも現時点の35%です。
なので、月給で、30万円だとすれば、10.2万円なので、およそ10万円。
これが限界です。

次に現在の年齢というよりも、60歳になるまでの年数を考慮します。
現在35歳ならば、60−35=25。

つまり、25年ローンまではイケルといえます。その理由として、定年退職後(60と仮定)した場合、定年後にも住宅ローンを払っていたのでは、確実に家計は経済破綻します。銀行では満70歳になるまでのローンでOKなのですが、無収入に近くなってからの住宅ローンなんか払えるわけがないのです。

退職金があるからなんて考えていると、後で痛い目にあう可能性もあります。

その年数がでたら、今度は先ほどの支払い額、10万円に月数と年数を考んがえていきます。
例を挙げると、10万×12月×25=3000万円。
そして重要なのが利子分です。ボーナス払いは利子と割り切ります。
およそボーナス払いで15万/年2回でこれくらいなら、トントンになる。

とすると、3000万円。

つまり、住宅ローンとしては、3000万円が最大限といえるでしょう。
それ以上は無理です。

ここで、もし自己資金があれば、家の資金を増やすことが可能です。
1000万円家の購入資金に廻せるのなら、4000万円までの家を立てることが出来るということです。

とこのようにいくら借りるかのではなく、幾らまでなら払えるのか?という一見消極的な方法で考えていく方が明確に分かってきます。

また月に幾ら払うのかと決めてから、住宅購入金額を決定するもの1つの方法です、私がこの方法なのですが、自己資金として1300万円ありますので、月に5万と決め、計算すると、家の経費としては3000万円となりました。

この方法でも、家の購入資金の上限額を決定することが出来ます。
スポンサードリンク

住宅ローンの基礎知識の記事
【住宅ローン・金利関係】
住宅ローン基本のき
変動金利よりも固定金利のほうが有利?
固定金利と利子変動リスクと累計払い込み額の考察
金利が上がったらどうなるの
住宅ローン控除を受けるには確定申告が必要
住宅購入の気になる税金と安くなる税金
不動産取得税が軽減措置でゼロになるかも
マイホームの登記での軽減税率の特例
毎年かかる固定資産税が安くなる方法
住宅ローンのおさらい


【どこまで借れる住宅ローン】
どこまでの物件が買えるのか
自己資金と頭金の違いには要注意
頭金を増やすべきか減らすべきか
必要頭金額の出し方の考察

【住宅ローン・金融機関別の特徴と傾向】
労働金庫の住宅ローン
SBIモゲージ
新生銀行の住宅ローン
住宅の選び方
住宅展示場の歩き方
住宅建設の流れ
得をする住宅購入のコツ
納得住宅ローン
変動金利よりも固定金利のほうが有利?
固定金利と利子変動リスクと累計払い込み額の考察
労働金庫の住宅ローン

どこまでの物件が買えるのか
住宅関係の知識
住宅購入のQ&A、口コミ情報
住宅展示場ナビ

現在の場所:住宅購入のノウハウTOP納得住宅ローン>どこまでの物件が買えるのか!?
らくらくシーリーズも大好評中
らくらく我は転勤族〜引越し達人情報〜らくらくパーティ〜簡単料理レシピ〜

Copyright 2007 らくらく住宅購入のノウハウ  管理人:たつや All Rights Reserved
当サイト「らくらく住宅購入のノウハウ」はどこでもリンクフリーですし得に連絡もいりません、相互リンクは大歓迎