住宅ローン、ハウスメーカー、間取りの決め方などを紹介
現在の場所:住宅購入のノウハウTOP住宅の選び方> ハウスメーカーの選び方と注意点

ハウスメーカーの選び方と注意点

住宅の選び方
・ハウスメーカーの選び方と注意点
マル分かりハウスメーカー
住宅展示場のわな
家づくりとマンションの基礎知識
家の維持費
住宅展示場の歩き方
住宅建設の流れ
得をする住宅購入のコツ
納得住宅ローン
住宅関係の知識
住宅購入のQ&A、口コミ情報
スポンサードリンク
住宅の選び方
1.ハウスメーカーの選び方と注意点
ハウスメーカーによって、それぞれ良い特徴等や良し悪しもありますが、家という入れ物である以上、極端な差は生じなくなっているいうのが本音です。
その理由は建築基準法の規定が、意外と厳しいからです。(なので、これを削ってしまうインチキな業者がいたりもする)

現在の建築基準法ではいろいろなことが義務化になっており、一般住宅では、高気密住宅や機密性住宅など機密性はもちろんですが、シックハウス対策として換気性と最後に耐震性能については非常に厳しい決まりがあります。

なので、最近、高気密、高耐震と全面的に打ち出しているハウスメーカーもありますが、していて当然といえます。よって以下のことを強調する業者は要注意になります。
(営業マンが知らないという場合が非常に多く、後々建築担当になったときにもめる元になります)

@耐震性能で阪神淡路大震災の地震でも大丈夫としかいわないメーカー
大丈夫なような物件でないとj実際には、建築申請がとおりません。
(審査が適当なので、通ってしまうという事実もあるんですけど。。。)

それに、耐震性能を明示しなければならないと決まっているので、逆に耐震性能を明示していない業者は信用できませんっていうより即NGです。

つまり、耐震性能を明示しない会社は耐震設計なんてしていないと、割り切った方が良いでしょう。

判断される材料としては、見積書に性能明示手数料が10万円程計上されているメーカーさんは大丈夫ですし、TVコマーシャルででてくる大手ハウスメーカーでは、この問題は特にないものと思われますが、念のためチェックすることが重要です。



 次のページへ
 
【カテゴリーメニュー】現在は1/8です。 
ページ番号 タ イ ト ル
その1 耐震性能で阪神淡路大震災の地震でも大丈夫としかいわないメーカー
その2 保障期間について
その3 換気システム
その4 高気密住宅のわな
その5 断熱効果と付帯効果の嘘
その6 火災報知機
その7 外壁について
その8 屋根について
現在の場所:住宅購入のノウハウTOP住宅の選び方> ハウスメーカーの選び方と注意点
らくらくシーリーズも大好評中
らくらく我は転勤族〜引越し達人情報〜らくらくパーティ〜簡単料理レシピ〜

Copyright 2007 らくらく住宅購入のノウハウ  管理人:たつや All Rights Reserved
当サイト「らくらく住宅購入のノウハウ」はどこでもリンクフリーですし得に連絡もいりません、相互リンクは大歓迎