住宅ローン、ハウスメーカー、間取りの決め方などを紹介
現在の場所:住宅購入のノウハウTOP住宅の選び方> ハウスメーカーの選び方と注意点 保障期間
住宅の選び方
・ハウスメーカーの選び方と注意点
マル分かりハウスメーカー
住宅展示場のわな
家づくりとマンションの基礎知識
家の維持費
住宅展示場の歩き方
住宅建設の流れ
得をする住宅購入のコツ
納得住宅ローン
住宅関係の知識
住宅購入のQ&A、口コミ情報
 
広告

ハウスメーカーの選び方と注意点 保証期間

A保障期間
貸し担保期間をやたらと、強調してくるハウスメーカーメーカーも要注意です。
最低の基準として、建築基準法及び民法で10年間保障しなければならないと決められています。

最近では、他社と差別化したり、安全性を全面に出すために、思い切って30〜50年保障という会社もあります。
しかし、よく考えてください、50年もたったら普通の家は、かなり老朽化します。全部が全部保障されるわけではなく、あくまでも地震やシロアリ等の保障です。

経年劣化は保障しないというのがお約束です(ただし、最低10年は保障されている)
それに突っ込みどころなのですが、50年もたったら既にその会社には知っている方なんていません。全て退職してしまっていますので、契約書が全てになります。

私的には20年以上の保証なんて殆ど意味が無いといえます。
(屋根材、外壁材は、自社で製造している一条工務店を除き、そもそもメーカーが材料に対し20〜50年保障をしているので、住宅メーカーが実際保障しているわけではない)

なので、やたら長い保障期間を強調してくるメーカーも信憑性に欠けますし、その期間内は補修費用は一切かからないような誤解を生じるさせるために、トラブルの原因になってしまいます。

保障期間と補修は別物なので、きちんと維持費を説明してくれるセールスマンであって欲しいものです。
 次のページへ
 
【カテゴリーメニュー】現在は2/8です。 
ページ番号 タ イ ト ル
その1 耐震性能で阪神淡路大震災の地震でも大丈夫としかいわないメーカー
その2 保障期間について
その3 換気システム
その4 高気密住宅のわな
その5 断熱効果と付帯効果の嘘
その6 火災報知機
その7 外壁について
その8 屋根について
現在の場所:住宅購入のノウハウTOP住宅の選び方> ハウスメーカーの選び方と注意点 保障期間
らくらくシーリーズも大好評中
らくらく我は転勤族〜引越し達人情報〜らくらくパーティ〜簡単料理レシピ〜

Copyright 2007 らくらく住宅購入のノウハウ  管理人:たつや All Rights Reserved
当サイト「らくらく住宅購入のノウハウ」はどこでもリンクフリーですし得に連絡もいりません、相互リンクは大歓迎