住宅ローン、ハウスメーカー、間取りの決め方などを紹介
現在の場所:住宅購入のノウハウTOP折角の注文住宅後悔しないコツを紹介>収納関係のよくある失敗..

収納関係のよくある失敗

一戸建て注文住宅の収納関係のよくある失敗談  失敗度★★★★

注文住宅で一番失敗したと感じるのが、収納関係のよくある失敗事例とその原因です。
注文住宅でパーツ図を見て間取りを見るために、案外収納スペースや収納箇所の作り方事態に問題があって、実際に住むようになってからやってもうた〜って、悔やむものです。

そうならないようにまず、事例をもって説明します。

一戸建て住宅の収納関係のよくある失敗談その1 玄関かリビングにクロゼットが無い
よくある落とし穴が、1Fの玄関もしくは、リビングに上着やコートなどを掛けておくクロゼットが無いということが良くあります。
そのため、実際に住むようになってからリビングにクロゼットになるものを購入しちゃうってのがよくあることです。(たまーに運動器具がハンガー掛けになってしまっている家もありますが・・・・・)

そもそも、リビングにクロゼットがないと、わざわざ2Fにあるクロゼットまで上着を取りに行かなくては行かなくてはいけなくなり、結構不便に感じると思います。特に冬だけというだけではなく、子供の制服の上着を脱いでとりあえずおいて置くってときにも不便に感じることがあるかと思います。

玄関にクロゼットを置くこともよいかもしれませんが、クロゼットの性質を考えると結構奥行きが必要になってきますので、玄関にクロゼットを置くのは難しいと思います。
そこで、リビングですと、階段下スペースとか、和室とのスペースに半畳程度の物置兼用のクロゼットを設置することが可能な場合が多いです。

1Fにちょっとしたクロゼットの有無だけでも生活面での利便性に結構な差が生じてきます。
また、脱衣所に折ドアつきの収納棚があると結構便利です。下着類、タオル類だけではなく、洗剤類やお風呂のシャンプ、リンス、ボディソープ類の予備や掃除道具も収納できるために、いっそう利便性が増します。

収納で失敗しないために
・図面の収納スペースに坪数でなく幅・奥行きの長さを記入してチェックしたか、また平面図だけではなく、正面図も描いてみて3D的にイメージ出来やすくなるとなお失敗しにくい。
・収納したい実物のサイズと、収納スペースの幅・奥行き・高さがその用途に合うかどうか検討する。
・収納内部に照明やコンセントを設置してあるか。(小金をケチってはいけません)ないと、暗く、掃除にも困る。

と上記の3つを実際に検討してみるだけでも、収納面での失敗リスクを大幅に減らすことができます。

 Vol.1 LDKに階段があるために夏、冬のエアコンの効きが悪い  失敗度★★
 Vol.2 開放的な吹抜け、でもあの窓ってどうやって掃除すんの? 失敗度★
 Vol.3 収納関係のよくある失敗                      失敗度★★★★★
スポンサードリンク
住宅の選び方
住宅展示場の歩き方
住宅建設の流れ
得をする住宅購入のコツ
納得住宅ローン
住宅関係の知識
住宅購入のQ&A口コミ情報
スポンサードリンク
現在の場所:住宅購入のノウハウTOP折角の注文住宅後悔しないコツを紹介開放的な吹き抜け.....
らくらくシーリーズも大好評中
らくらく我は転勤族〜引越し達人情報〜らくらくパーティ〜簡単料理レシピ〜

Copyright 2007 らくらく住宅購入のノウハウ  管理人:たつや All Rights Reserved
当サイト「らくらく住宅購入のノウハウ」はどこでもリンクフリーですし得に連絡もいりません、相互リンクは大歓迎