住宅ローン、ハウスメーカー、間取りの決め方などを紹介
現在の場所:住宅購入のノウハウTOP折角の注文住宅後悔しないコツを紹介>IHクッキングヒータの実態

IHクッキングヒータの実態

IHクッキングが良いといわれていますが、私はそうは思えません。無論料理の仕方によっても賛否両論で、私も老後だったらIHクッキングかなぁと思いますがいまは、ガスにしようとおもいます。
ここではその理由も合わせて、メーカーが説明してくれないIHクッキングヒーターの実態を紹介します。

@飛び散り等
 IHクッキングヒーターについてですが、メリットは燃焼による空気の汚れや、上昇気流が発生しないことによる周辺の汚れが少ないということです。

 が、調理すれば当然、油や水蒸気は発生します。

IHヒーターは燃焼が無いので、温度差による上昇気流が発生しませんので、油、煙、水蒸気は下に行く傾向にあり、上についている換気扇で効率よくこれらのものを捕集する為には、IH専用の換気扇のセットを付けなければ、当然汚れは室内側に流れてしまいます。(特に対面型の場合)

IHヒーターは入れても専用の換気扇を付けない場合が非常に多く見られます。
これでは燃焼による空気の汚れは無くても、それ以上に居室がべた付く原因になってしまいます。

最近のIH用の換気扇は、あえて上昇気流を発生させるような仕組みになっていますので、従来のようなフィルターパックではない形式になっています。

A鍋関係
 最近では土鍋なども使えるIHヒーターがあるといわれていますが、実際には土鍋を使える訳ではなく、IH専用の土鍋を新たに購入しなければならないのです。
 ということで、IHにしたら、結局のところ今現在使っている鍋はほとんど使えないという事になります。
 また、IHヒーターの鍋の制限として、鍋底が平らで、底の直径が12cm〜26cmのもので、重さが1.5kg以上あるずっしりしたものであることが重要になってきます。
 
 実は、軽い鍋ですと、調理中に鍋が動いてすべる危険性もあります。
また、鍋底が完全に平らでないと、揚げ物などの時に異常加熱を感知するセンサーが正常に機能せず、火災が発生するなどの事故が実際におきています。

揚げ物に関しても最近では少ない油でカラッと揚げる油が主流になってきていますが、IHの場合には900ccは入れないと同様に火災の危険があります。

A鍋振りは一切ノー
 炒め物をする際に、フライパンや中華なべを回したり、鍋を振って調理しますが、IHにするとこれらの行為はNGです。
 IHは電子レンジと同じ手法で鍋だけを加熱しますので、その鍋を浮かしてしまうと鍋を加熱することができません。
 また鍋を振ることで、ガラストップ面に激しく傷がつくことになります。

 炒め物は基本的に、絶対的に火を使った方がおいしく調理できますし、鍋振り技術によって、食材を均一に短時間で炒める事ができます。

 IHの最大の欠点として、鍋振りが出来ないので炒め物はそっとする様なフレンチでは良いかもしれませんが、どうなんでしょうかね。

B火入れでアルコール分を飛ばせない。
 ステーキの最後にワインを入れてアルコールを飛ばすとか、ソースを作っている最初の部分でウオッカのアルコールを火をいれて飛ばすというダイナミックなことが出来なくなるので、私としては料理の選択肢が狭くなるのが残念です。

C電磁波があります。IHヒーターの取扱い説明書でも心臓ペースメーカーをお使いの方は医師とよくご相談下さいという説明や、テレビやラジオは3m以上離して下さいという説明書きがあります。このような注意書きがるということは、電磁波が相当出ているということ。
 まぁぶっちゃけは携帯電話が一番イカンのですがね。
 ある大学の研究では、脳腫瘍の発生確率を飛躍的に上げる要因になっているだそうです。
健康面でちょっと心配しちゃいます。

 これだけデメリットを書くとIHはやめようかなぁと思うかもしれませんが、IHの得意料理は煮込み系の料理です、これは間違いなくガスよりも上手にできます。
 火力のムラがないからです。(無論専用のたっかい鍋がいるのだが)

 IHに関しましては、ガスでもIHでもいいところもあれば悪いところもあるということですので、料理のスタイルに合わせて考えるということも出来ますよ。

 ちなみに迷っている方はガスをお奨めします。理由として10年後くらいにガスからIHにぷちリーホームする場合は安く早くできますが、逆のIHからガスはそう簡単には出来ないからです。

 また、修理に関しましてもガスは単純構造ですので、私でも修理が可能ですがIHは100%不可能ですし、修理屋を呼んでもどうぜ全交換ですからね。そこがちょっと怖いです。
スポンサードリンク
住宅の選び方
住宅展示場の歩き方
住宅建設の流れ
得をする住宅購入のコツ
納得住宅ローン
住宅関係の知識
住宅購入のQ&A口コミ情報
スポンサードリンク
現在の場所:住宅購入のノウハウTOP折角の注文住宅後悔しないコツを紹介>IHクッキングヒータの実態
らくらくシーリーズも大好評中
らくらく我は転勤族〜引越し達人情報〜らくらくパーティ〜簡単料理レシピ〜

Copyright 2007 らくらく住宅購入のノウハウ  管理人:たつや All Rights Reserved
当サイト「らくらく住宅購入のノウハウ」はどこでもリンクフリーですし得に連絡もいりません、相互リンクは大歓迎