住宅ローン、ハウスメーカー、間取りの決め方などを紹介
現在の場所:住宅購入のノウハウTOP折角の注文住宅後悔しないコツを紹介>北向きの有利さ

北向きの有利さ

一般的には北向きは不利だといわれていますが、実際にはそうなのでしょうか?
私の買った土地は思いっきり北向きですが、以下の利点が存在しています。

@南向き土地に比べ、坪3万も安い。つまり、50坪で150万も安いことに。
A建ペイ率が60%50坪、で2階建てなので、どうせ土地は余る。
B南側に庭を作ることが出来、非常にプライバシー性も高い。
C道路からのアクセスがよく、北側に駐車場を設置することで、道路側に面して車を止めても1回の日当たりには影響しない。

という利点がある。
特に、B、Cが、大きな利点で、どうせ3人家族ということもあり、延べ床面積が40坪以下なのは確実。ということは、1階を大きくとっても25坪にもならず、建蔽率にも引っかからない、逆をいえば、建蔽率があるので、どんなにがんぱっても1階面積を30坪までしか、建築面積をカウントすることができない。

それならば、家を敷地の中心にもっていき、南側を庭として、リビングとのアクセスを確保し、北側を駐車場と玄関にすることで、間取りを決定することもできる。

また当然、庭ができるので、その狭いながらも庭でバーべQとかを楽しむことが出来るのも面白い。

それに、あえて項目には揚げなかったが、南側を空けることで、洗濯物の干す位置を自由に南側に設定できるということだ、これは南向きの家ですと、南側に駐車場がきてしまうため、排気ガスで洗濯物が汚れたり、家の中に排ガスが入り、臭くなる可能性もあります。

と、このように工夫次第では北側も穴場となりうるのです。

ですが、無論欠点も存在します。
 ・土地を多く必要とする。
 ・南北ラインに風を通すような間取りが必要。
 ・東西は、壁と開き直る。
 ・北側は若干、暗くなりがちなので、間取りを行う場合明確な用途を考慮する必要アリ。

特に、北向きですと、北側にキッチンを配置してしまうと、暗くなる傾向にあるので、ご注意を。
しかし、土地の安さの魅力&中庭の魅力は非常に価値があるものと思います。
スポンサードリンク
住宅の選び方
住宅展示場の歩き方
住宅建設の流れ
得をする住宅購入のコツ
納得住宅ローン
住宅関係の知識
住宅購入のQ&A口コミ情報

現在の場所:住宅購入のノウハウTOP折角の注文住宅後悔しないコツを紹介>北向きの有利さ
らくらくシーリーズも大好評中
らくらく我は転勤族〜引越し達人情報〜らくらくパーティ〜簡単料理レシピ〜

Copyright 2007 らくらく住宅購入のノウハウ  管理人:たつや All Rights Reserved
当サイト「らくらく住宅購入のノウハウ」はどこでもリンクフリーですし得に連絡もいりません、相互リンクは大歓迎