住宅ローン、ハウスメーカー、間取りの決め方などを紹介
現在の場所:住宅購入のノウハウTOP折角の注文住宅で絶対後悔しないコツを紹介>トータルコストで勝負

トータルコストで勝負

 住宅購入はトータルコストで勝負しましょう。
 これは絶対の真実であり、建築時の坪単価で比較するほど、意味がないものはありません。

では、なぜ坪単価は意味がないかを紹介していきます。

■大半のハウスメーカーは標準プランが基本
 坪単価で比較してしまう、最大の欠点は、基本仕様の差です。
 いくら坪単価が安くても、標準仕様が安い、ボロイ仕様になっているでは、契約した後、仕様見直し毎に経費が上がっていって、最終的にとんでもなく高くなったとはよくあることです。

 実は、大半のハウスメーカーは標準仕様というものを定めており(グレードは割りと低い場合が多い)最低価格からスタートして他社よりも安いを強調しています。

 まず、家を建てる際に絶対に基本なるものがあります。
 @ユニットバス、キッチン、洗面台などのいわゆる水物3点セット。
 Aガス、電気、湯沸し器、配管などの施設物

 これは実は、家がどんなに大きくなろうが、実はそんなにお金が変わるわけではなく、品物のグレードで大きく変わるものですので、面積で割ったような坪単価で含まれてしまっていると、大きな落とし穴になります。

 特に、キッチンは家の中でも納得できないくらい(ボッタクリか?)というくらい高いものです。
安易に坪単価の高い安いで判断することは非常に安直で、あとから損をすることになります。


■坪単価ではなく、トータルコストから比較しよう
 @ユニットバス、キッチン、洗面台などのいわゆる水物3点セット。
 Aガス、電気、湯沸し器、配管などの施設物
 がグレードで大きく価格が変動するというのは説明しましたが、まずこの2セットがどのクラスのものなのかをハウスメーカーの標準なのかをきっちり抑える必要ああリます。

 この2セットは、ハウスメーカーが実際に作っているわけではなく、専門メーカーから購入しているに過ぎないので、設定されている、価格帯のグレードが非常に重要なのです。
 無論、住宅展示場のグレードは標準ではなくオプションというお約束があるので、よく営業の方に話をききましょう。

 そして、住宅展示場だけでハウスメーカーを決定するのではなく、@ユニットバス、キッチン、洗面台などのいわゆる水物3点セットを扱っているショウルーム、例えば、トステム、日立、イナックス、松下電工さんなどを最低1回は見て周り、こんなキッチンンにしてみたいとか、価格帯とグレードのチェックをしつつ、施設のカタログを貰っておいたり、実際に設置する商品のイメージを固めておくことが重要です。

 そして、何回も繰り返しますが、最初の見積もり時に坪単価で価格比較するのではなく、自分の希望する施設のグレードを甘味した、トータルコストで考えるようにしましょう。

■第二のトータルコストに要注意
 実は、ネタ晴らししますが、ハウスメーカーは住宅購入後の住宅の維持費、つまりメンテナンス費は無視しているかのような、話しかしません。なので、安い商品にしてしまうと、耐久性が低いものになってしまう可能性もあり、30年から50年という長いスパンで考えた時に、途中で発生する補修費など、思わぬ費用が発生し、維持費に足元をすくわれることもあるかもしれません。

 そこで、軽く、住宅の維持管理費を紹介していきます。ここで重要なのは家は消耗品であり、耐久部材は柱、基礎程度と考えなくてはいけません。

 @外壁・・・・陶製サイディングは10年に1回メンテが必要
 Aコロニアル屋根・・・・・耐用年数は10年、それ以上は雨漏りの可能性あり
 Bガスコンロ、IHクッキング・・・・ガスは15年、IHは10年が寿命といわれています。
 Cその他電気製品・・・・基本は家電です。10年でへたれます。

と様々なものまでが消耗品なのです。
そこで、かなり細かいものまでハウスメーカーに質問し、ローン完済期間までの、維持管理費を含めたトータルコストを算出してみましょう。

 意外と、初期コストが高いと思われた住宅メーカーでも、結構逆転する可能性も大いにあったりしますよ。
 住宅は、最初ケチると後から痛い目に合うとだけここでは忠告しておきます。
スポンサードリンク
住宅の選び方
住宅展示場の歩き方
住宅建設の流れ
得をする住宅購入のコツ
納得住宅ローン
住宅関係の知識
住宅購入のQ&A
 
現在の場所:住宅購入のノウハウTOP折角の注文住宅後悔しないコツを紹介>理想は、南西なのですが
らくらくシーリーズも大好評中
らくらく我は転勤族〜引越し達人情報〜らくらくパーティ〜簡単料理レシピ〜

Copyright 2007 らくらく住宅購入のノウハウ  管理人:たつや All Rights Reserved
当サイト「らくらく住宅購入のノウハウ」はどこでもリンクフリーですし得に連絡もいりません、相互リンクは大歓迎