住宅ローン、ハウスメーカー、間取りの決め方などを紹介
現在の場所:住宅購入のノウハウTOPどうせなら注文住宅まずは基本のきを>どこまでの物件が買えるのか?
【PR】価値ある資産とパートナー選びを実践したい方はコチラ\無料資料請求/マンション経営成功のヒントが詰まっています!

どこまでの物件が買えるのか?

どこまでの物件が買えるのか!?

恐らくこのHPを見ているということは、住宅ローンを利用すると言うことですよね。
私も、住宅ローンを利用しました。

ところで、住宅ローンは、どこまで借りれるかではなく、どこまで払えるか?というのが実態です。
健全な住宅ローンは月の収入のおよそ35%までにするべきです。
出来れば、25%以内が理想なんでしょうが、、、

それ以上は非常に危険な状態(銀行は40%といっているが、それでは自転車操業になるのは目に見えている)なので、最高でも35%までとしておきましょう。

しかも現時点の35%です。
なので、月給(実際には手取り)で、30万円だとすれば、10.2万円なので、およそ10万円。
これが限界です。

次に現在の年齢というよりも、60歳になるまでの年数を考慮します。
現在35歳ならば、60−35=25

つまり、25年ローンまではイケルといえます。その理由として、定年退職後(60と仮定)した場合、定年後にも住宅ローンを払っていたのでは、確実に家計は経済破綻します。銀行では満70歳になるまでのローンでOKなのですが、無収入に近くなってからの住宅ローンなんか払えるわけがないのです。

その年数がでたら、今度は先ほどの支払い額、10万円に月数と年数を考えていきます。
例を挙げると、10万×12月×25=3000万円。
そして重要なのが利子分です。ボーナス払いは利子と割り切ります。
およそボーナス払いで15万/年2回でこれくらいなら、トントンになる。

とすると、3000万円。

つまり、住宅ローンとしては、3000万円が最大限といえるでしょう。
それ以上は給料が多くないと無理です。

ここで、もし自己資金があれば、家の資金を増やすことが可能です。
1000万円家の購入資金に廻せるのなら、4000万円までの家を立てることが出来るということです。

とこのようにいくら借りるかのではなく、幾らまでなら払えるのか?という一見消極的な方法で考えていく方が明確に分かってきます。

また月に幾ら払うのかと決めてから、住宅購入金額を決定するもの1つの方法です、私がこの方法なのですが、自己資金として1300万円ありますので、月に5万と決め、計算すると、家の経費としては3000万円となりました。

この方法でも、家の購入資金の上限額を決定することが出来ます。
ただし、あくまでも上限金額といえるものなので、限界いっぱいいっぱいまでの資金で家を買う必要はありませんよ。
スポンサードリンク

どこで注文住宅が買えるの? 
家=大工さん?
どこまでの物件が買えるのか?
請負契約書に判子を押すまでの費用は一切不要
何故、建売住宅だと安いのか?にお答えします
坪単価ほど無意味なものはない
基本コンセプトは間取りにあり
注文住宅の醍醐味は、間取りの自由度+収納の良さ
外構工事ってどんなけかかるの?
m(メートル)モジュールと尺モジュールに注意
住宅の選び方
住宅展示場の歩き方
住宅建設の流れ
得をする住宅購入のコツ
納得住宅ローン
住宅関係の知識
住宅購入のQ&A口コミ情報
住宅展示場ナビ
家づくりの教科書 2割の成功者になるために 「住宅ローン」賢い人はこう借りる!
現在の場所:住宅購入のノウハウTOPどうせなら注文住宅まずは基本のきを>どこまでの物件が買えるのか?
らくらくシーリーズも大好評中
らくらく我は転勤族〜引越し達人情報〜らくらくパーティ〜簡単料理レシピ〜

Copyright 2007 らくらく住宅購入のノウハウ  管理人:たつや All Rights Reserved
当サイト「らくらく住宅購入のノウハウ」はどこでもリンクフリーですし得に連絡もいりません、相互リンクは大歓迎