住宅ローン、ハウスメーカー、間取りの決め方などを紹介
現在の場所:住宅購入のノウハウTOPどうせなら注文住宅まずは基本のきを>どこで注文住宅が買えるの?
価値ある資産とパートナー選びを実践したい方はコチラ\無料資料請求/マンション経営成功のヒントが詰まっています!

どこで注文住宅が買えるの?

まず、どこで注文住宅が買えるのか?ですが、大きく分ければ3つの選択肢からどこで、買うというのが変わってきます。まずこの3つの選択肢から勉強していきましょう。

1.工務店(大工さん)
2.ハウスメーカー
3.建築デザイナー

 です。他に中古や建売という選択肢というもののありますが、これはこのカテゴリーとは分けて紹介していきますので、ここでは新築で注文住宅でというストーリーでご理解ください。
 よく宣伝で、大和ハウスとか住宅展示場とかで大々的に宣伝しているのは、2のハウスメーカーさんです。 

 なのですが、まずは1つづつその、上記3つの選択肢について少しだけ詳しく説明していきましょう。

1.工務店(大工さん)
 いわゆる工務店=大工さんですが、最近では大手ハウスメーカーの代理店や、実質的な下請けをしている工務店もあり、ハウスメーカーとの差が見えにくくなってきています。
 というのも、建築基準法が相当難しくなっており、個人で対応できるような代物ではなくなってきています。
 が、実直な工務店もまだあることも事実です。

 工務店の特徴としては、基本設計は工務店で行い、各種専門工事は下請けに依頼していきますが、明確な現場監督が常駐しているわけではなく、工務店の棟梁(親分)みたいなかたが、昔ながらの仕切りで現場を勧めていきます。
 
 途中数回打ち合わせをしながら工事が進んでいきますが金額は結構どんぶり勘定になりやすく、出来高払いになる可能性も秘めています。
 
 ただし、腕のいい職人が集まった場合は、この上ないすばらしい建築物になります。
特に和風の家は大手のハウスメーカーでは表現できないような家を作り出すことができるかもしれません。

2.建築デザイナー
 非常に個性的名住宅及びかなり狭い狭小住宅しか建設できない場合は、建築デザイナーに依頼し、おしゃれな家を演出するかもしれません。
 しかし、こちらのリクエストを当初に十分にしかも念密に行う必要があり、一歩間違えると、実用性のないファッションショーで着ているような服と同じような家になってしまうことも多々ありますし、実際の立てるメーカーを選べないかもしれないというデメリットも存在しています。
 その実例が、TVのビフォーアフターにでてきたあれなんです。

 ですが、うまく自分の思いを建築デザイナーに伝えることが出来た場合は、十分に満足のいく家になることでしょう。
 一般的には高い家になると断言しますが、普通の家じゃ嫌だというこだわり派には受けているようです。特にセレブが多いような気もします。

3.ハウスメーカー
 良くも悪くもハウスメーカーです。住宅展示場で出展しているメーカーさんは全てハウスメーカーと思っていただければOKです。
 一環した、施工体制と施工管理、現場の指揮や、担当の固定化を行ってくれますので、安心感があります。

 また、大手ならではの、最新住宅がそろっていますので、非常にバラエティーに富んでおり、オーソドックな和風の家、洋風の家、などメーカーの特色は様々です。
 ハウジングメーカーや担当や実際に作業をする人によっても結果は違ってきますが、一番一般的で、一番多いケースといえます。
 通常はハウスメーカーさんを選択することになります。

簡単にいえば、この3タイプなのですが、よほど良い工務店を知っているという場合以外は、やはりハウスメーカーが一利あるといえるでしょう。

というわけで、このサイトでは、ハウスメーカーさんをオススメします。
工務店、設計事務所が駄目というわけではないのですが、建築の専門知識を有していない方であれば、ハウスメーカーさんは無難なところでもありますし、値段の比較も非常にしやすいといえるでしょう。

また、ハウスメーカーを勧める最大の理由は、耐震設計と性能表示義務があります。
そこで消去法なのですが、工務店は結局のところ、この性能表示義務を行うために、大手ハウスメーカーのフランチャイズに参加している場合が多いです。
なので、結局のところ、工務店さんとハウスメーカーは最近では同一化しているので、区別が付きません。

まぁなにはともあれ、ハウスメーカーで注文住宅を建てることになるかと思います。
つまり、注文住宅とはハウスメーカーさんから買うことになります。

どこで注文住宅が買えるの? 
家=大工さん?
どこまでの物件が買えるのか?
請負契約書に判子を押すまでの費用は一切不要
何故、建売住宅だと安いのか?にお答えします
坪単価ほど無意味なものはない
基本コンセプトは間取りにあり
注文住宅の醍醐味は、間取りの自由度+収納の良さ
外構工事ってどんなけかかるの?
m(メートル)モジュールと尺モジュールに注意
スポンサードリンク
住宅の選び方
住宅展示場の歩き方
住宅建設の流れ
得をする住宅購入のコツ
納得住宅ローン
変動金利よりも固定金利のほうが有利?
固定金利と利子変動リスクと累計払い込み額の考察
労働金庫の住宅ローン

どこまでの物件が買えるのか
住宅ローンのおさらい
金利が上がったらどうなるの
住宅関係の知識
住宅購入のQ&A、口コミ情報
住宅展示場ナビ
家づくりの教科書 2割の成功者になるために 「住宅ローン」賢い人はこう借りる!
現在の場所:住宅購入のノウハウTOPどうせなら注文住宅まずは基本のきを>どこで注文住宅が買えるの?
らくらくシーリーズも大好評中
らくらく我は転勤族〜引越し達人情報〜らくらくパーティ〜簡単料理レシピ〜

Copyright 2007 らくらく住宅購入のノウハウ  管理人:たつや All Rights Reserved
当サイト「らくらく住宅購入のノウハウ」はどこでもリンクフリーですし得に連絡もいりません、相互リンクは大歓迎